なぜか審査に通らない

思い当たる節はないのになぜかキャッシングの審査に通らないという人は以外と多いのではないでしょうか。

どこか明らかな原因があれば諦めもつくし改善しようと努力もできるものですが、そうではない場合はお手上げ状態になってしまいます。

高校の期末テストとは違ってテストの結果を返してくれるわけではないので、自分でわからない限りは誰も教えてくれないのでずっとわからないままです。

こういうケースというのはだいたい悪いという自覚がないままやってしまっているというものが原因になってたりします。

まず通らない理由がわからないという人の中で一番多いのが公共料金、家賃、携帯電話の通話料金と端末代金の支払いが滞りがちの人です。

これは料金を踏み倒していなくとも毎月支払いが遅れていればその記録が残ってしまいます。恐ろしいことにキャッシング業者もこの情報を共有して確認することができるので、その情報を見てお金や支払いの約束にだらしない人だと思われることがあります。

もちろんそう思われてしまえばうちで借りたお金も返さなくなるかもと敬遠されてしまいます。
なので当然、他社のキャッシング履歴もわかりますし、それを踏み倒していれば審査の結果は絶望的です。

他にも考えられるのが複数の業者に申し込みをしに行ってる人です。キャッシングには審査が必要なので利用者は当然審査に落ちたときのことも考えるはずです。

一刻も早くお金が必要なのに審査に落ちて融資を受けられなかったら困ると考え、審査に落ちてしまったときのために保険として複数の業者を同時に申し込もうという人がいます。

これも恐ろしいことに例え借り入れをしていなくとも申し込んでいることは相手側にはわかってしまいます。そうなったとき、この人は一社での限度額では物足りず複数の業者から限度額一杯にお金を借りようとしている危険な人だと思われる可能性があります。

これも高校とは違ってすべり止めのために複数の高校を受験するのはNGなのです。つまり、なにが言いたいのかというとキャッシング会社というのは以外と我々の動きを把握しているということです。プロミス審査も調べてみよう!


 

消費者金融の最大のメリットというのは、やはり借りたい時に借りることができる、ということでしょう。
一般的に銀行でお金を借りる場合には非常に厳しい審査を受けて、数日経ってから融資をしてもらう、ということになります。

借りたいと思った時に借りることができるというのは、非常に魅力的ではありますが、
もちろん審査はあります。

消費者金融の審査というのは、銀行系のキャッシングに比べると緩いのですが、
審査に通らない可能性もあります。

審査が緩いというだけで、誰でも無条件で借りることができる、というものではないのです。
この消費者金融で融資を受けることができない方というのは、過去に事故歴がある方です。

過去に事故歴がある方というのは、例えば返済が遅れたことがある、
返済が著しく遅れてしまった方などが当てはまります。

そのような方というのは審査に受かることはまずありません。

もちろん、利用する消費者金融の種類が違ってもです。
というのも、この消費者金融業者というのは、業者同士で債務者の情報を共有しています。

そのため、新規で融資を受ける場合にどれだけ嘘をついたとしてもすぐにバレてしまいます。
審査の際に嘘がバレるというのは非常に多いですので、嘘をつくのではなく、正直に申告をするようにしましょうね。


信販系キャッシングの特徴

| コメント(0) | トラックバック(0)
初めに、信販系のキャッシングカードの特徴としては、以下のようなものがあります。

■審査は銀行系よりも若干ゆるいが、消費者金融系よりは少し厳しい。
■金利は銀行系よりも若干高いが、消費者金融系よりは低め。
■キャッシングカードにクレジットカード機能をつけられるものも多い。
■優待サービス等を展開しているところが多い。

要するに、審査の厳しさと金利の高さについてはまさに「銀行系と消費者金融の中間レベル」という位置づけになる
というわけですね!

もちろん信販系といっても色々ありますので、すべてがそうだというわけではありませんが。。。

キャッシング審査のスピードについては、かなり消費者金融系のスピーディーさに対抗できるようになってきましたね。

しかし、即日キャッシングが当たりになってきたいま、消費者金融系に比べると、信販系の中には
まだ審査に数日かかるところも多いみたいですね。

私が実際に借入した結果で即日キャッシングでオススメなところはやはり『モビット』ですかね!

また、キャッシングカードにクレジットカード機能をつけられるところが多いのは、昔に比べたらかなり便利になったと思います。
財布の中ってどうしてもカード類が多くなりがちですもんね・・・。
「普通なら2枚になるカードが1枚で済む」というのは、たとえ1枚の差であってもありがたいものですよね。

そして信販系キャッシングで見逃せないのは、優待サービスを提供してくれているところが結構あるということ。

優待サービスとして特に多いのは、「信販会社の系列店や提携店等でカードを見せるだけで割引」などといったものがありますね。
他にもいろんな優待サービスで差別化を図っているところがありますので、見比べてみるといいでしょう!

「レンタカーやホテルの優待がある信販系キャッシングを所有して、旅行の出費を抑える」などといった
使い方をしている人もいますよ。

年会費等もかからず優待がついているキャッシングカードであれば、
「当面キャッシングの利用予定がなくても、とりあえず持っているだけでお得」になることもできるわけです。